coin space(コインスペース)

coinspace


当記事では、coin space(コインスペース)の評判と口コミを紹介。コインスペース株式会社によって運営されているコワーキングスペースです。当該スペースは、2016年1月6日に「世界中のあらゆる場所が自分の居場所に」をコンセプトとして始まりました。現在大幅に店舗が拡大中となっています。関東エリアの商業施設に店舗を構えているのですでにご存知の方も多いのではないでしょうか。シンプルな料金体系や使い勝手のよいシステムなどで気軽に利用できるのが魅力です。

>>>施設一覧はコチラ

こんな企業や個人におすすめ!

  • 気軽に働ける場所を探している方
  • スタートアップ企業などで固定費を抑えたい方
  • 関東エリアでワークスペースを探している方

coin space(コインスペース)の基本情報

全国の拠点

エリア拠点
東京エリア渋谷マークシティ店
渋谷2号店(利用不可)
渋谷モディ店
渋谷神南店
丸井錦糸町店
五反田駅前店
マロニエゲート銀座3店
グランデュオ蒲田店
ひばりが丘パルコ店
八王子オーパ店
マーチエキュート神田万世橋店
神奈川エリアFUTAMATA RIVER LIBRARY
海老名ビナウォーク店
本厚木店
西武東戸塚S.C.店
青葉台東急スクエア店
千葉エリアエグザス奏の杜店
イオンタウンユーカリが丘店
ショッピングプラザ鎌ヶ谷店
埼玉・静岡エリアイオンタウンふじみ野店
松坂屋静岡店

拠点は関東が中心です。東京が最も多く11拠点となっています。神奈川で5拠点、千葉で3拠点、埼玉・静岡はそれぞれ1拠点です。どの拠点も立地がよく利便性が高いことが特徴です。商業施設名が店舗名になっているのでわかりやすいですね。

料金プラン

ドロップイン

 料金プラン1時間当たり費用最大料金目安
渋谷マークシティ店100円 / 12分500円1,500円
渋谷神南店100円 / 15分400円1,200円
エグザス奏の杜店100円 / 20分300円1,000円
イオンタウンユーカリが丘店150円 / 30分300円1,000円
渋谷モディ店200円 / 30分400円1,200円
ショッピングプラザ鎌ヶ谷店300円 / 1時間-1,000円
五反田駅前店500円 / 1時間-2,000円

ドロップイン料金は店舗ごとに異なります。安いところだと20分100円から利用することができます。店舗ごとに最大料金も設定されていてコストのコントロールがしやすいです。最大料金も立地を考えるとリーズナブルだと思います。基本的には中心部であれば高くなる傾向にあります。もちろん、郊外だと安く利用することができます。

月額料金

  • ナイトプラン 5,000円
  • 平日17時以降使い放題になります。お仕事終わりの作業スペースとしての使用を考えている方におすすめです。

  • 全日プラン 10,000円
  • 終日使い放題になるプランです。週に2回程度利用する方ならお得になります。

  • 五反田駅前店プラン 15,000円
  • 五反田駅前店独自のプランが用意されています。このプランでは五反田駅前店及びその他月額会員のご利用可能店舗が対象です。

  • 五反田駅前店学割プラン 12,000円
  • 学生の方は通常よりも3,000円安く利用することができます。勉強のためのスペースとしてぴったりですね。

>>>施設一覧はコチラ

利用の流れ-月額会員

coin spaceの月額会員の利用方法について解説しています。

1.申し込み

気になる店舗があればWEBサイトから申し込みを行います。お名前・メールアドレス・電話番号・ご職業・利用目的・申込プラン・面談希望日などの必要事項を入力します。疑問点があれば事前に問い合わせをして確認しておきましょう。

2.本人確認面談

申込後本人確認面談(30分程度)の調整が行われます。なかなか来店するお時間を取れない場合などはWEBでの面談も実施可能です。

4.会員証の発行

面談終了後紙の会員証が発行されます。同時にWEB予約用の個別のID/PASSも発行されます。

5.利用開始

ドロップインでの利用の際に会員証を提示する必要があります。また、WEB予約を行い施設の利用を開始することができます。


coin space(コインスペース)の特徴まとめ

商業施設への出店が多く利便性が高い

coin spaceの店舗は利便性の高さが特徴の一つです。渋谷マークシティ、渋谷モディ、海老名ビナウォーク、イオンタウンふじみ野、松坂屋静岡店など関東エリアのショッピングモールや百貨店内に店舗があります。coin spaceで働いた後に商業施設でショッピングをして帰宅することもできます。車でのアクセスも良好です。

誰もが知っている商業施設で働けるというのは魅力的ですね。店舗の場所も迷わずたどり着けるのではないかと思います。商業施設に入っているワークスペースはcoin space以外にありません。coin spaceは駅直結のビルも多いです。雨の日でも利用しやすいですね。

利用料金が格安で学生でも使いやすい

利用料金の安さも魅力です。基本的には時間制で各店舗ごとに最大料金が設定されています。毎月の支払いのイメージもしやすいのではないかと思います。100円/20分、150円/30分など明瞭会計でわかりやすいです。全店共通の1日利用回数券も用意されています。5枚綴り5,000円での販売となっています。渋谷マークシティなど利用料金が他の店舗よりも高い中心部の店舗を利用している方におすすめです。

また、月額会員になることもできます。全日プラン(終日)なら月額10,000円、ナイトプラン(平日17時以降)は月額5,000円となっています。五反田駅前店のみ月額15,000円と少し高くなります。月額会員になれば対象店舗が使い放題になります。渋谷マークシティ・渋谷2号店・渋谷モディ店などの店舗が対象です。

席の予約ができてスムーズに利用可能

新規会員登録をすればドロップインでの利用でも席の予約ができるのが特徴です。もちろん予約をせずに利用することもできます。予約をするための会員ページへのログインはFacebookアカウントでも可能です。どなたでも気軽に利用できるのがcoin spaceの魅力です。

予約フォームで利用日・利用時間・利用人数を入力して該当の店舗を検索します。利用日当日の予約に対応しているのもユーザー目線で優れたサービスだと思います。クレジットカードでオンライン決済をすればそのまま利用することが可能です。

キャンペーン実施店舗もありお得に利用できる

現在一部の店舗ではお得なキャンペーンを実施しています。割引料金でワークスペースを利用することができます。例えば、西武東戸塚S.C.店や青葉台東急スクエア店ではオープン特価として最大料金が1,500円→1,200円へと優遇されています。20%OFFはお得感がありますね。施設の利用前に公式サイトのキャンペーン情報を確認しておくと良いでしょう。

飲食物の持ち込みができる

周りの利用者の方の迷惑にならないものであれば食べ物や飲み物の持ち込みを行うことができます。集中して行いたい場合にも外に出ることなく作業に没頭することができます。

また、coin spaceをカフェの代わりに使用したり、出張時の休憩に使用したりと様々な使い方に対応しています。オフ会や交流会にスペースを利用することもできます。

>>>施設一覧はコチラ

coin space(コインスペース)を選ぶ際の注意点

関東エリアのみの出店となっている

coin spaceの出店エリアは関東が中心となっています。具体的には東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・静岡県です。その中でも東京都・神奈川県に施設が集中しています。2021年3月時点で関西・九州・中部などに店舗はありません。首都圏エリア以外でワークスペースを探している方はcoin spaceは対象外となってしまうでしょう。現在店舗が急拡大中なので、今後関東以外のエリアにも進出していくことを期待したいですね。

web会議用ブースや個室は一部の店舗のみ設置されている

web会議用のブースや個室はすべての店舗に用意されているわけではありません。渋谷モディ店・ひばりが丘パルコ店・海老名ビナウォーク店・本厚木店など一部の店舗に限られてしまいます。web会議や個室の利用をワークスペースを決める上で重要視されている方は注意してください。

出店している場所的に音が気になることがある

coin spaceの多くは商業施設内にあります。つまり、coin spaceの周りにいくつかの店舗があるということです。場合によっては他の店舗からの音が気になることもあるようです。また、web会議中の声が気になると口コミも見られます。

渋谷モディ店・渋谷神南店などの利用は要注意です。Googleの口コミでも周りの店舗の音や会議室からの音漏れが気になるということが記載されています。ある程度音が許容できる方でないと難しいかもしれません。月額会員への登録を考えている方は、事前にドロップインで使ってみると良いと思います。

>>>>渋谷モディ店の口コミを見る

利用料金・営業時間及び休業日は店舗ごとに異なる

利用料金・営業時間・休業日は店舗ごとに異なっています。基本的に利用料金については中心地になればなるほど高くなります。渋谷や五反田の店舗は他の店舗より高く設定されています。営業時間は商業施設内店舗は少し終わる時間が早いです。休業日についても施設の休業日に準ずる形です。場合によっては利用したいタイミングで利用できない可能性があります。

設備は必要最低限に留まる

coin spaceの設備は充実しているというわけではなく必要最低限に留まります。電源・Wi-Fiが基本です。ホワイトボード、複合機、プロジェクター、荷物受け取り、住所利用、受付といった設備はありません。事前にどのような設備が必要になるかを考えておくと良いでしょう。


coin space(コインスペース)の口コミ

coin spaceのオーナー募集中

coinspaceowner

coin spaceでは随時オーナーの募集をしています。すでにお店をされていてスペースを有効活用したいと考えている方は必見です。タブレットを使って予約システム・売上レポートなど直感的に操作ができるので、慣れていない方でも安心してコワーキングスペースの運営を行えます。

あくまでもスペースを提供するだけで、仕入れや在庫もなく初期費用を極限まで抑えることが可能です。coin spaceのこれまでの実績があるからこそ効率的に店舗運営ができるというわけです。コワーキングスペース利用者がお店の見込み客になる可能性もあります。

coin space(コインスペース)の各種情報

運営企業コインスペース株式会社
設立年2016年1月6日
資本金189,501千円(資本準備金含む)
代表者代表取締役 栗原 知也
拠点数国内21拠点
料金プラン・ドロップイン
100円 / 12分(1時間500円)
100円 / 15分(1時間400円)
100円 / 20分(1時間300円)
150円 / 30分(1時間300円)
200円 / 30分(1時間400円)
300円 / 1時間
500円 / 1時間
最大料金あり

・月額会員
5,000円 / ナイトプラン
10,000円 / 全日プラン

施設一覧

115件を表示 / 全22

運営者情報

当サイト「ワークスペースジャパン」の管理責任者です。毎日パソコンに触るほど仕事が好きで、私自身メディア運営が天職だと確信しています。現在複数のWEBサービスを運営中です。日々新しいことに挑戦したいと奮闘しています。 >>>運営企業はこちら

検索

貸し会議室